◆JPOPランキング◆

恋のパラダイス 商品

恋のパラダイス 【ラドウェザー】LAD WEATHER 腕時計 REGATTA MASTER デジタル・コンパス/レガッタ・タイマー/バックベアリング/コンパス・ロック機能搭載 限定品

気に入った。忙しいが又昔の仲間にあった時に見せれば、いい話の種になる事でしょう。 【ラドウェザー】LAD WEATHER 腕時計 REGATTA MASTER デジタル・コンパス/レガッタ・タイマー/バックベアリング/コンパス・ロック機能搭載 限定品 関連情報

恋のパラダイス 恋神 -ラブカミ- 初回限定版

ヒロインは4人。

シナリオについては、個別ルートはまあまあでしたが、共通ルートは
退屈の一言です。ギャグが寒い。

キャラクターについては、主人公があまりにも痛々しい。
ヒロインの良さをぶち壊しています。

エロについては、単純に少ないです。キャラクターが少ないのだから
もう少しあっても良かったのでは。 恋神 -ラブカミ- 初回限定版 関連情報

恋のパラダイス STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版) 予約特典:未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」付き

アニメから入り、前作PSP版をプレイしてシュタゲファンになりました。
このソフトが出た頃は財布にゆとりが無く見送りでしたが、安くなったのでGET!
しかも限定なのに安い!思わぬ収穫は予約特典のストラップが付いてた事、ラッキーでした。'

本編はまだ始めたばかりですが、オカりん達にまた会えて楽しくプレイ中!
前作かアニメにハマった人には超オススメ。初めての人には…多分ついて行けない世界かも^^

システム面は前作と同じでメディアインストール無くても快適、読み込み音はイヤホン基本的に
当方は使用しているので気になりませんが、気になる方にはウルサイと思います。 STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版) 予約特典:未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」付き 関連情報

恋のパラダイス 乙女が紡ぐ恋のキャンバス

○お勧め攻略順序
幸→千晴→アナスタシア→紫月→怜奈(怜奈は一番最後にすべし。そうでないと、他のシナリオの面白さが半減する)

○シナリオのでき
幸>>紫月>怜奈>>千晴>アナスタシア(幸シナリオは他のシナリオよりもワンランク上。世界観が秀逸)

幸シナリオ……85点 ヒロインの幸が全シナリオ中で一番の常識人であるせいか、一番現実的で、一番世界観がしっかりしている。シナリオも良くできている。
願わくば、主人公をもっと活躍させて欲しかったし、ラスト後も、何者かになっていて欲しかった。
難点1 幸と紫月があれだけ係わり、援助しているのに施設が貧乏なままである点が納得できない。
難点2 施設が無認可である点はいいと思うが、子供らが、戸籍もなくひっそりと暮らしているという設定がやりすぎ。不自然。
難点3 怜奈の父の最後の告白は余分。明らかな蛇足だ。意外だったら良いというものではない。物語を安っぽくしているだけ。どう考えても物語との整合性が取れていない。突っ込みどころが満載だ。

紫月シナリオ……75点 なんといっても、紫月が可愛い。個人的には一番好きだ。ツンデレキャラだが、このシナリオでは、早い段階からデレている。難点は特になく、良いのは良いが、凄く良いというほどではない。まあ、楽しめるといった感じの、ごく平均的なでき。

怜奈シナリオ……70点 この作品のメイン・ストーリーだと思う。中盤までは雰囲気もあり秀逸だが、敵役であるヴォルフガングが出てきてからは一転、チープな話に、がくっと落ちる。竜頭蛇尾というか……、尻すぼみ感が拭えない。
とにかく、敵役の人物造形が薄っぺらなうえにしょぼい。しょぼ過ぎる。肩書きだけは凄いが、ステレオタイプのキザな嫌味男すぎて、少しも凄いとは思えない。街のチンピラレベルの悪役にしかなっていない。しかも、暴れっぷりも、頭を抱えたくなるくらい残念なレベル。ラスボスとして登場したのに、スライム並みの攻撃力しか発揮しない。『超一流の……』と謳っているが、どう判断しても、頭が良いとは思えない。
難点1 超一流警備会社の警備の裏をかけるほどの頭脳と、下着泥棒レベルの証拠隠滅能力を併せ持つヴォルフガングの存在自体がダメ。ついでに言っておくと、ヴォルフガングの金の使い方も、物語の深さと現実感を、ばーんっと盛大に壊している。

千晴シナリオ……55点 ヒロインの千晴が見掛けに反してウジウジさんで、やっていてグダグダ感をたっぷりと覚えた。敵役がヴォルフガング以上にしょぼくて、プレイするに耐えない。白けること、このうえない。
難点1 千晴のお兄さんだが、出てきた意味がまるでない。出て来ないほうが、ずーっと良かった。物語の質を2ランクは下げている。
難点2 敵役がステレオタイプのチンピラーズで、人物造形が薄っぺらなうえに、しょぼ過ぎ。ショッカーの戦闘員を遥かに下回るレベル。厳重な警備の裏をかいくぐって美術館に液体爆弾を仕掛けられるほどの知識と組織力を持っているのに、行動は中学生の不良並み。どう判断しても整合性が取れていない。何万光年も離れた星から地球に来られるだけの科学力があるのに、地上に立つと肉弾戦を始める宇宙人と共通するものがあると思う。

アナスタシアシナリオ……30点 キャッツアイの劣化版シナリオ(アナスタシアも、泪姉さんの劣化版っぽい。脇役のときは存在感があって良かったのだが)。特にラストは酷い。主人公は、ご都合主義の偶然で助かっただけ。このシナリオでは、杷虎は無責任女、アナスタシアは淫乱女にしか見えない。もう少し、やりようがあったように思えるが。

おまけシナリオ2つ……2つとも10点 エロシーンがあるだけ。こんなオマケなら、なくてもいっしょ。『花と乙女ロイヤルブーケ』並みのクソ。がっかり感がたっぷりと漂っている。

全体……70点 購入しても後悔はしないと思うが、かと言って、充分に満足できるレベルでもない。全体的に敵役がしょぼい点と、ご都合主義が蔓延している点が残念。悪い意味でラノベの域を出ていないと感じる。感動させようとしているのはわかるのだが、取って付けた感動にしかなっておらず、あまり感動できない。あともう一歩といった感がしてならない。
あと……。
もう少しボリュームが欲しかった。どのシナリオも短く、すぐに全クリできてしまう。
できは、『花と乙女』のPC版よりも上に感じるが、PSP版よりも下だと思う。『花と乙女』と違って、主人公が気持ち悪くない点が良い。体験版の部分が一番できがよかった点が悲しい……。重ね重ね、もう一がんばり欲しかったと思う。移植に期待。

追記
4月5日 この作品のシナリオライターのブログを読んだ。
「最近のユーザーはバカなので、作りこんでも、どうせ気づかない。だから手を抜け」とか。
ちょっと酷過ぎ。
この会社の作品は二度と買わないと、固く心に決めた。

[・・・] 乙女が紡ぐ恋のキャンバス 関連情報

恋のパラダイス 王子様は憂鬱 (バンブーコミックス・恋パラ)

作家さんの初コミックです。
6作品収録。

子供の頃から一緒に育った兄弟のような幼馴染。
その二人が恋愛へと発展していくと言うありふれた設定ではありますが
絵はそれなりに整ってるし
今ではかなり過激な内容でも少女コミックとして出回っているので
この作品はTLですが表現がナチュラルなので普通に読めてしまうと思います。

ラストのデビュー作のほか、あとの5作品は一話完結の連載ものです。
まだ二人の話が続いているようなので次の巻もあるようです。 王子様は憂鬱 (バンブーコミックス・恋パラ) 関連情報