作家の山崎ナオコーラさんが通っていらした大学はどこでしょうか?以前、朝日新聞の土

作家の山崎ナオコーラさんが通っていらした大学はどこでしょうか?以前、朝日新聞の土

サッカーランキング

誕生日のできごと (ポプラ文庫ピュアフル)

『誕生日のできごと』です。
著者初の長編小説、ということですが、連作短編形式です。
一人の女性の成長を、その年代ごとのエピソードを連ねる形式で描くといえば、森絵都『永遠の出口』などを思い出しますが、本書には本書の特徴があります。
タイトル通り、18歳から25歳までの誕生日の出来事を描いていること。あとがきに言及があるように「定点観測」によって、主人公の変化、成長を描いています。
各章のサブタイトルとして、その年の誕生日に食べていた物を象徴として入れているのも、作品一つを通じてのテーマとなっています。ハヤシライス、バーニャカウダなどの他にカップ麺までもあります。本文中でも、料理に関する記述は多めで、サブタイトルに出ている以外の食べ物の名前も多数登場します。
それぞれの話ごとに、歌の歌詞が挿入されているのも特徴。ただし作者オリジナルの架空の歌ですが。

編集者と相談して決めたらしい定点観測というアイディアが良かったです。その中で18〜25という年代で直面する、恋愛、進学、就職、車の免許取得などといった問題を上手く盛り込んでいました。そんな中で親しかった友人と疎遠になるとか、姉が予想外の人生を歩んだり、といった部分も印象的でした。
ラストは、ちょっと説教的ではあるけど、読者に委ねる結末により本書の内容を象徴的に表現していたと思います。
全体としてはやはり恋愛の比重が非常に大きいのですが、著者が描くこの年代の女性としてはそんなものでしょうか。
以上が、数ある本の中から本書を選んで読んだ感想です。評価としては★4を選びます。

Coyote(コヨーテ)No.46 特集 ホンマタカシのたのしいポートレイト写真

特集の『ホンマタカシのたのしいポートレイト写真』は、よくある技術論ではなくて、もっと根源的に「ポートレイト」って何だろうと問いかける特集です。
ナチスドイツの強制収容所の収容者を記録した写真はポートレイトか?後ろ姿の写真はどうか?手だけを撮った場合はどうだ?人物の部屋を撮影した写真は?と問いかけます。
それから写真家が膨大なフィルムの中から1枚を選び出す基準は?もし同じ写真を別の写真家が構成したら写真集はどう変わるのかとか、撮影する側だけじゃなくて見る側にとっても面白い内容満載です。
『アーサー・ランサム 裏庭の冒険』は、つい最近読んだ梨木香歩の『水辺にて』と相通じる内容で偶然のシンクロニシティに楽しくなりました。また、『ちょいと隣町まで』は気取らないユルイ旅行記がリラックスできて楽しいです。
ところでCoyoteは次号から、またまた装いを変えて季刊になるとのこと(なので次号は3月だそうです)、月刊だったり隔月刊だったりフォーマットの変更が多い雑誌ですが、次はどんな変貌を遂げるのか楽しみです。

この世は二人組ではできあがらない

作家志望の二十代女子のお話。
彼女の学生時代から新人賞受賞のころまでが、恋人との関係を中心に描かれ、それがいちおうストーリーになってます。
でも彼女がその間に感じ考えたことが覚え書きのように大量に書かれているので、印象としては日記とか手記のようです。作者が、小説という形をとって、主人公の姿を借りて、自分の考えを確認しているような感じ(実際のところはむろん分からんけど)。

主人公のもっとも興味のある事は自分と社会との関係であり、貪欲にそれを感じ考えようという姿勢が一貫しています。なにせ小説の冒頭の一行は「社会とは一体なんであろうか」です。体裁は恋愛小説だけど、実質は硬派な思想小説とでもいえるのかもしれません。

その「思想」には共感できるものもあるしよく分からないものもありますが、きらきらとした潔さに満ちてます。
自分なりの価値観にこだわらざるをえず、二十代をもがいている女子にはとくに刺激的な作品なのではないでしょうか。

小説としてはあまりおもしろくなく、映画化したらがぜん面白くなりそうな気がしました。内容はぜんぜん違いますが、映画『ソラニン』の空気感とよく似ています。どこまで意図的なのか分かりませんが、川と川面の光がどちらにも共通し、作品の空気感を決定づけているような気がします。きらきらなんだわ、やっぱり。というわけで、この作品、映画化するなら主演は宮崎あおい、で観てみたい。

クイック・ジャパン90

転機となったのは、爆笑問題・田中の登場だったと思う。

それまで、知る人ぞ知るとか、誰も知らないという人選が『QuickJapan』の表紙の特長だったと思う。

しかし、上記の田中登場以降サブカル寄りとはいいつつも比較的メジャーな、表紙買いをさせるような人選になっていって、最近は「ウンナン」「銀魂」など知らない人の方が少数な表紙になっていた。


今号は久々に、「誰?」という表紙だった。

なので、昔の(vol20以前の)号を読んだ時のような興味深さを覚えながら読めた。

「神聖かまってちゃん」が本当に国民的バンドになるのか、それとも時代の徒花なのか、今後は見守って行きたいと思った。


小島慶子インタビューは大変興味深かった。

AMラジオの今現在エース級番組『キラキラ』の今後に、その動向に直結する小島慶子の退職騒動。

心配していた人の多くにとって、安心を得られるインタビューになっているのではないか。

特に小島のAMラジオ復帰を喜び、評価していた伊集院光が感激するような発言もあったと思う。


あとはいつも通り、細かいコラムは全て興味深かった。

他のインタビューも吉田豪のサブカル対談、ゲスト鈴木慶一も良かったし、羽海野チカの『3月のライオン』のインタビューも良かった。


今号は表紙に訴求力がないかもしれないけれど、内容は充実しているので、是非とも読んでもらいたい。

人のセックスを笑うな

出だしの小鳥の描写、「生温かいものが、宙に浮かぶことが不思議だった」という表現がいいと思ったら、次々に手垢がついていない言葉が現れて、この表現力が最後まで持続する。とてもいい。やや残念なのは話の展開部分と終結部分。大方の読者の予想通り。意表をつく必要はないが、余りにも定石で少し寂しい。・・・と思って併録されている『虫歯と優しさ』を読んだら、感受性と表現力はそのままで話の展開にも思わず唸らされた。素晴らしい。ただしタイトルは『人のセックスを笑うな』が圧倒的! 解説は高橋源一郎。


作家の山崎ナオコーラさんが通っていらした大学はどこでしょうか?以前、朝日新聞の土


質問 作家の山崎ナオコーラさんが通っていらした大学はどこでしょうか?以前、朝日新聞の土曜日版で、「・・・第7志望の大学に進学した。・.

山崎ナオコーラ の最新情報!


山崎ナオコーラ 最新動画


ゲームランキング
山崎ナオコーラ 関連情報
三崎亜記、山崎ナオコーラ、鈴木清剛が好きなんですけどおすすめの作家いますか?
先生・教師と生徒の恋愛を書いた本
山崎ナオコーラさん 今までずっと加藤千恵さんの本を読んできましたが、最近...
読書家の皆さんにうかがいます 指原莉乃が総選挙で一位になったので お祝いをした...
恋愛小説でオススメを教えてください。
タイトルで気になってしまい読んでしまった小説を教えてください
↓山崎ナオコーラ の最新情報↓

山崎ナオコーラ ニュース
山崎ナオコーラ グッズ
山崎ナオコーラ 画像
山崎ナオコーラ 動画
山崎ナオコーラ FAQ
山崎ナオコーラ 総合情報
高額療養費助成制度と医療保険
【DQMSL】ドラゴンマシンで特技プラスチャレンジ【ゆっくり実況】
虚構の劇団「イントレランスの祭」大阪公演にむけてメッセージ!

人気動画

ブレンド
ブレンド
酒好きな新潟人の飲酒動画 part913 ブラックニッカ ディープブレンド 【ウイスキー】
嵐の孤児
嵐の孤児
【戦後70年】戦争孤児:体験を語る---両親失い「野良犬」と呼ばれた(大竹まこと)
山口雅史
山口雅史
スマタブ1週間 スマタブベタトーク vol.143 モバイルを中心としたIT情報番組
フランス語
フランス語
フランス語レッスン第一 - あいさつ
BF3
BF3
【BF3講座】日本1位が教える歩兵戦闘テクニック
タコの道具
年俸
白いボールのファンタジー
☆人気サイトランキング☆
アニメ動画ランキング

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]

today:001 yesterday:025
TOTAL:46943